クリスタルドア

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスタルドア 12話

<<   作成日時 : 2011/10/24 18:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0


美奈子は我にかえった。

 将斗は精進湖で二日目のトレーニングにはいっていた。朝食の後、ジョギング。ホテルにトレーニングマシンがあったのでそれにも熱中した。
午後になり、百メートルダッシュ。シャドーボクシングを繰りかえした。

 同じ日の朝、小川美奈子は自宅にいた。
昨日の夜母に告げていた。
「山梨の友達の家に遊びにいってくるからね。」
早朝に美奈子はクルマのハンドルを握りで家を出た。

 午後三時になった。将斗はペースをおとそうとしない。シャドーボクシングのパンチのキレとスピードも増してきた。プロボクサーにも勝てるフットワークとパンチだった。

 午後四時。湖畔をジョギグしたり歩いたりを繰り返す。湖畔を景色を眺めながら歩いていると木の枝に止まっている鳥が目にはいった。
「おっー あれは」
 絶滅したといわれていた鳥だった。
(絶滅していなかったんだあ)
 携帯のカメラで撮ろうとした瞬間鳥は森の奥のほうに飛び立ってしまった。ダメで元々で将斗は森の中にはいった。
 (絶滅していなくて日本に数十羽単位でいるんじゃないか)と将斗は直感的に思った。
 森の中を歩いていると他の珍しい鳥にも出会った。一時間歩き回ったが見つからなかった。
(まあいいや。絶滅していなかっことがわかっただけでも収穫だ)
そう思いながら森のなかにある大きな石が座るのに丁度よかったので座った。一息ついてなにげなく斜め後方をみると黄色いジャンパーが見えた。
 近寄ってみると若い女性だ。
 (自殺か?)
睡眠薬と薬品の空きビンが散らばっていた。
横たわっていて顔がよくみえない)
 「大丈夫ですか?」
と声をかけた。
 応答はない。
 横向きになった女性の顔を見た。
 「あの時の・・・・」
と仰天した。
お通やの席で母さんと呼んでしまったあの女性(小川美奈子)だった。
 心臓は・・・・
まだ動いている。脈もまだある。
携帯をかけたが通じない。

将斗はすぐ美奈子を抱きかかえた。
 (とにかく林道に出よう)
まだ間に合う。かなり奥まできてしまったので林道に出るまでかなり時間がかかった。林道まで全力で駆けてきたので林道に出た瞬間将斗は、倒れこんでしまった。
 息が荒れてしゃべれないほどだった。二十メートルさきくらいに人が歩いていた。
「すみませーん」と大きな声で叫んだ。
「なんですかあ。」
「救急車呼んでください。」

 翌日、将斗は美奈子が搬送された病院の待合室にいた。担当医師から一命はとりとめたことを報告された。美奈子の母親も駆けつけてきていた。
「ありがとうございます。」
と深々と頭をさげた。
 「よかったですね。本当に」
「なんでお礼を申し上げていいのか。」
「いやいや当たり前のことをしただけで」
「たまたま偶然森の奥に入ったら娘さんを見つけたんです。だからおかあさん、娘さんはまだ絶対死んじゃいけない人なんです。」
そのあと、お通夜の席で会ったことを話そうと思ったがやめた。
病室をでた将斗は呟いた。
 (こんなことってあるのかあ。なんだろうこれは。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスタルドア 12話 クリスタルドア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる